英語学習

『英語は5歳児の日本語で考えると面白いように話せる! 』を実践してみた

自分の英語をなるべくシンプルにするために実践したこと

私がオンライン英会話の時に英語で詰まってしまう時は、必ず頭の中がグチャグチャで混乱しまくってます。言おうとしていることさえ分からなくなってしまうレベル。そんな時、講師からよく言われるのが「Let’s make the sentence as simple as possible!(なるべくシンプルに!)」
頭では分かっているのですが、いざ会話になったとたん混乱して言いたいことを複雑にしてしまい、結局言いたいことも言えずじまい。。

そこで、シンプル英語脳を育成するためにトレーニングをすることにしました。

そのきっかけは「英語は5歳児の日本語で考えると面白いように話せる! 」という本との出会いです。

日本人が英語を話せない理由は常に議論されています。ネットでも書籍でも。。

私も今までそういった関連書籍は読んできましたし、この本もその中の1冊にすぎないかもしれません。特に真新しいアプローチでもありません。

でも、この著者が提唱する「5歳児英語」を目指すという考えは実践しやすく、何より楽しいのでハマってしまいました。

「5歳児英語」とは?

著者は私たち日本語ネイティブスピーカーが流暢に話せるようになるには「5歳児英語」しかないと言い切ってます。

難しい日本語、ネイティブな日本語を、いったん、5歳でもわかるレベルの日本語に言い換えて、それを簡単な英語にする。これが「5歳児英語」です

今の私に必要なのはまさにコレだ!と思い、さっそく「5-year-old English」トレーニングを開始しました。

実際のトレーニング方法は次の通りです。

まずは脳内にバーチャル5歳児をつくる

“5歳児の日本語で考える”ということは、5歳児が分かるように話せばいいのです。
そこで、私だけのバーチャル5歳児を設定しました。

マリコちゃん、5歳です。好きなことをは本を読むことです。マリコちゃんはとても好奇心旺盛な女の子なので、分からないとすぐに「なんで?」「それってどういう意味?」と容赦なく質問責めにしてきます。

このマリコちゃんに理解してもらわなければなりません。

5つのルール

「5歳児英語」を実践するために5つのルールがあります。

  1. 分けて短くする
  2. 大胆に省略する
  3. 具体的にする
  4. 意味を考えて言い換える
  5. 魔法の言葉「そもそも何が言いたいの?」

5歳児に理解してもらうには全て必要なことです。

このルールに従って実際の問題に挑戦してみます。

「彼女は結婚詐欺にあいました」

結婚詐欺をあまり5歳児に説明したくはないのですが(笑)マリコちゃんが理解できるようにがんばります。

実際には英辞郎などで「結婚詐欺」を調べれば「marriage fraud」と簡単に単語は見つかります。

でも5歳児には結婚詐欺という言葉は意味不明です。これがこの「5-year-old English」トレーニングの良いところで「marriage fraud」を使わずに、自分のすでに知っている英語で勝負をしないといけません。

日本語

  • お姉さんには好きな人がいました。
  • お姉さんはその人と結婚しようと思っていました。
  • でもその人はお姉さんのお金を盗んでどこかへ消えてしまいました。

(逃げた後、その人はどうしたの?と賢いマリコちゃんならツッコミそうですけどw)

英語

  • She had a boyfriend.
  • She thought she was going to get married to him.
  • But her boyfriend stole her money and disappeared.

拙い英語かもしれませんが、「結婚詐欺」という言葉につまってしまうより、この3行がスラスラ口から出てきたほうがずっとマシです。

ちなみに本の中での見本回答はこんな感じでした。

日本語

  • 彼女のボーイフレンドは結婚すると約束していた。
  • 彼女はお金をあげた。
  • 彼はお金をとって逃げた。

英語

  • Her boyfriend promised to marry her and she gave him money.
  • He took the money and run away.

いずれにせよ、5歳児に話すにはエグい話ですけどねw

まとめ

最後にこの本の著者からのメッセージを紹介して終わります。

完璧じゃなく、まずは大体伝わればいい、と考えましょう。それがペラペラへの近道です。