ネイティブキャンプ

【ネイティブキャンプのレッスンの受け方】レッスン回数vsレッスンの質

どちらか考えている男性

ネイティブキャンプ はレッスン受け放題だから、ついたくさんレッスンを受けたくなるんですよね。

気がつけば、レッスン回数をこなすことが目的になっていました

ちょうどネイティブキャンプ を初めて1ヶ月。ちょっとクールダウンして考えてみようと思います。

【レッスン回数重視 vs レッスンの質の重視】

それぞれのメリット・デメリットを考えてみました。

レッスン回数を重視した場合

メリット

一番得られる効果は「英会話に慣れる」ことだと思う。

ただしこれはた単に「抵抗がなくなる」っていう意味で、英会話に”小慣れる”ということではない。

慣れるだけで意味がないのかといえばそうでもなく、英会話をする度胸がつくし、数をこなすことで自分の得意・不得意な会話のパターンがわかってくる。あと、たくさんレッスンを受けているという充実感を得られる。

デメリット

予習復習に時間を取らないので、分からない所も未解決のまま次のレッスンに進みがち。

そしてまた次のレッスンでも話せないことにぶち当たり未消化のまま次に進む。で、回数をこなした割には対して成長を感じることができないという悪循環にハマってしまう。

レッスンの質を重視した場合

メリット

質を重視というのはどういうことかと言えば、使う教材を事前にしっかりと吟味したり、それに加え予習・復習もすること。

そうすることで、レッスンが始まってから自分の興味のないことばかりで全く話せない!という事態も免れるし、予習・復習のおかげでボキャブラリー・フレーズの定着率も上がる。なんとなくではなく「きちんと勉強できている」感を得られる

デメリット

まず時間がかかる。教材の準備、予習・復習、これらを全てやると30分から1時間はかかる。その分レッスン回数を減らすことになるので「英会話をした」という満足感を得られない。

せっかくネイティブキャンプを利用しているのに1日たった2レッスンしか受けられなくなる羽目になると、めちゃくちゃもったいない気になる。

【まとめ】私の出した結論

それぞれのメリット・デメリットを考えてみた結果、私の出した結論はこれ。

そもそも、どちらがいいのか?というvs問題ではなく、どちらかに偏ってはダメということ。

これらを考慮して、具体的に私が考えた1日のレッスンプランはこんな感じ。

レッスンを1日5回とした場合。

  • 4回は予習・復習なしでレッスンの”量”(回数)を重視。(おすすめ教材:フリートーク、5分間ディスカッション)
  • 1回は予習・復習付きのレッスンの”質”を重視。(おすすめ教材:デイリーニュース)

つまり全体の回数の2割程度をレッスンの質を重視するように設定。厳密に2割じゃなくても、時間がない時には1日に1回だけでもレッスンの質重視タイプのレッスンを取るように心がける。

ネイティブキャンプはレッスン受け放題だといって、がむしゃらにレッスンばかりしてちゃ上達しないぁと思いました。毎日がまだまだ手探り状態ですが、1ヶ月前よりは前進していると信じてやっていこうと思います!