ネイティブキャンプ

【ネイティブキャンプ体験談】ネイティブスピーカー講師のレッスンに初挑戦!

アメリカ人講師のレッスンを受けた

お試し半額キャンペーンだったので、ネイティブ講師のレッスンを受けてみました!

ネイティブキャンプの講師の大多数はフィリピン人のようなノンネイティブスピーカーです。その中で少数ではありますがネイティブスピーカーの講師も在籍してます。

何人くらいいるかと言えば、本日(2018.8.22現在)検索した結果、アメリカ50名、カナダ17名、イギリス29名、オーストラリア・ニュージーランド各1名がヒットしました。

ということで、ちょうど今ネイティブスピーカーとのレッスンが「お試し半額キャンペーン」実施中だったので、いい機会なので挑戦してみましたよ!

ネイティブ講師の予約を取る方法

ネイティブ講師の予約を取るためには通常は1000コイン(2000円相当)が必要になります。うーん、なかなかのお値段ですね。。で、今回はキャンペーン中のため半額となるの500コインで予約を取ることができました。

ちなみにネイティブ講師のレッスンを「無料(コインなし)」で受けることができる裏ワザ(?)がありますよ。それは検索結果に「ネイティブNOW」に表示されているネイティブスピーカーを選べばいいのです。彼らはコインなしで受けられる「今すぐレッスン」を提供してくれるんですね〜

しかしこの上の画像のように、私はいまだに「ネイティブNOW」状態のネイティブ講師のステイタスが赤(他の生徒とレッスン中)以外だったのを見たことがないです。。このステイタスカラーが青でないと「今すぐレッスン」は受けられません。きっとネイティブ争奪戦が生徒間で繰り広げられてると思われます。恐らく日本人が寝静まる深夜3時くらいだと、欧米はまだお昼前くらいなので「ネイティブNOW」を成立させる確率も高まるかもしれません。(実際に確認したことないのでただの予想です、すみません。)

ということで、早々に「ネイティブNOW」はあきらめて、500コインを使って普通に予約を取りました。

初のネイティブ先生はアメリカ人

new york city

同じ40代前半の既婚女性でした。8歳と10歳のお子さんもいらしゃるようで、そんな親近感からリラックスできた状態でスタート!

実は始まる前、なんか緊張しちゃったんですよね。なにせここ数年ずっとノンネイティブとしか会話したことなかったので。いつも何となくごまかしている文法や発音、そういうのを厳しく指摘されるのかなぁ、なんて思ったりして。

実際は、普段フィリピン人先生と話す時のように普通に会話が進みました。ネイティブ先生だからと言って特別に発音・文法に厳しいというわけでもなく、本当に普通のフリートークでしたw ただ、話すスピードがすごく早く感じましたね。フィリピン人先生の英語は比較的ナチュラルスピードだと思っていましたが、実際はネイティブ先生の方がずっと早かったです。もちろんネイティブ先生の個人差はあるとは思いますけどね。

あと発音に関してですが、さすがにクセがまったくないリスニング教材のお手本のような英語でした。フィリピン人先生の発音もキレイなのですが、やっぱりネイティブと比べてみるとちがうんだなぁと思いました(当たり前か!)アメリカ人といっても地域によって方言や訛りがあるので、そういうネイティブはあえて採用されてないのかもしれませんね。だって1回2000円出してわざわざネイティブ先生のレッスンを受けるわけですから、それなりに日本人生徒の思い描く「ネイティブ英語」サービスを提供したいでしょうからね。

さて、今後もネイティブ講師のレッスンを受けてみる?

答えはノーですね(ソッコーw)もちろん金額のこともありますけど、そうじゃなくても利用しないかな。なぜかというと、フィリピン人先生がとても優秀だからです。今回のネイティブ講師のレッスンを受けてみて、改めてフィリピン人先生すっげーなー!って思いましたもん。多少のアクセントはあったとしても、ノンネイティブでありながらネイティブ講師と遜色がないレッスンを提供できているわけだから。それに彼らは数の少ないネイティブ講師に比べて、ものすごい競争率を勝ち抜いてきてるわけで、やっぱりそういう熱意みたいなのが講師の人柄に表れてるような気がします。(そうじゃない人もたまにいますけどw)

ただ今後レッスンを100回、200回と続けた後、その合間に武者修行的な意味でネイティブレッスン受けてみるのはありかな〜?