ネイティブキャンプ

【最初に迷ったら】まずはこれ!ネイティブキャンプのおすすめ教材

ネイティブキャンプの教材はどれが最強か?

ネイティブキャンプの教材数は、なんと1,000を超えているそうです。

最初からカランメソッドのようなお目当のレッスンがあればいいですが、「とにかく話せるようになりたい」と漠然としていた場合、どの教材を選べばいいのかちょっと悩みますよね。

今回は自発的に話すことを強化できることが第1目的として、

まずは以下のようなものをまずは除外しました。

旅行英会話のような予めロールプレーのように決まったシナリオがあるもの。

発音練習のように講師の後をひらするようなリピートアフタミー形式のもの。

英検やTOEICのような試験対策レッスン。

ひたすら独学でやったほうが効率がいい文法系のレッスン。

除外した中からスピーキングの筋トレに最も効きそうだなと思ったのがこの2つ。

5分間ディスカッション と トピックトークです。

自分の“十八番”トークを増やせる!5分間ディスカッション』

ネイティブキャンプに入会して、まず私は5分間ディスカッションだけをひたすらやってみました。

まずは5分間ディスカッションのシステムについて簡単に説明。

いくつかのテーマの中から好きなものを選択して、5分間のディスカッション行う。ただこれだけ。特に決められたレッスンの流れなどもなく、テーマのあるフリートークのような感じです。

話しやすいテーマばかりだからネタに困らない

テーマは1回につき5つテーマがあり、自分で好きなテーマを選ぶか、または講師に選んでもらってもOK。

例えば第一回目はこんな感じのテーマです。

①Hobbies
②Movies
③Animals
④Travel (Local)
⑤Travel (International)

どうでしょうか?どのテーマもど定番だし、知らない人とでもある程度は盛り上がれる内容じゃないですか?

私は特に②Movies と⑤Travel (International)はペラペラ話せるようになりたかったので積極的にこの2つを選んで話しました。

何回も同じテーマで話をするとマンネリ化するのでは?と思われるかもしれませんが、ノープロブレムです!そこはネイティブキャンプの良い所で、予約なしで次から次へと違う先生とレッスンを始めることができるので、投げかけてくる質問も切り口も違うし、私の答えに対するリアクションも違う。毎回それがとても楽しくて、「次はあの映画について話してみよう」とか「最悪だと思った映画を聞いてみよう」と色々話したいことが増えてくるんですよ。

1週間ずっと同じテーマを繰りかえり話してると、最後には「いつでもかかってこい!」レベルの”私の話せる十八番”になることまちがいなし。

ただ学習履歴が残っているので先生たちには同じ教材で毎回レッスンしているのはバレバレですw 実はある先生から「まぁ、同じレッスンばかりしてるのねぇ」なんて言われたこともありましたが、そんなの気にしない!!w わざわざ自分のお金と時間を使っているのです。自分の納得いくまで5分間ディスカッションを使い倒しましょう!

トピックトーク』は瞬間英作文力が鍛えられる!

もう一つのおすすめ教材「トピックトーク」についてですが、

こちらは5分間ディスカッションに比べるとフリートーク的な部分が少なめになります。

流れ的には

  1. トピックトークに関する絵を見て、思いつく単語を言ってみる。
  2. 新出単語を使いセンテンスを作る練習をする。
  3. レッスンによってストーリー作成を行う場合とロールプレーを行う。
  4. 質問に対して自分の意見を表現する練習をする。

そのトピックはどんなものかといえば、

①Having Pets
②Marriage
③Photos
④Traditions
⑤Fashion

5分間ディスカッション同様、身近な話題で話しやすいものばかり。ですが、5分間ディスカッションと違って上記の流れ(①〜④)的にルールが決まっているので自由度は下がります。

トピックトークの方が難易度高め?

難易度という意味では5分間ディスカッションより上級レベルかもしれないですね。初めて見るイラストで速攻でストーリーを作るとかって日本語でも結構アタフタしますからね〜。かなり「英作文」能力が鍛えられる教材だと思います。

トピックの内容によってはロールプレーがあるので先生のリピートアフタミーになるのでつまらないですが、レッスンの内容が濃いので

  1. トピックトークに関する絵を見て、思いつく単語を言ってみる。
  2. 新出単語を使いセンテンスを作る練習をする。

大体この2つでレッスン時間終了〜ということが多いです。

まとめ

オンライン英会話は目的もなく受け身の姿勢で受けていても何時間やっても効果が薄いと思うので、この2つの教材のように自分から会話をひねり出さないといけない状況に追い込むくらいの方がスピーキング力は鍛えられると思います。教材選びはその辺を大きく左右しますので今回の記事を参考にして頂けたらうれしいです!