オンライン英会話

初めてのオンライン英会話で死ぬほど緊張して落ち込んだ話

落ち込んでいる女の子

一応私も「オンライン英会話で成功してやろう!」と思っている端くれですので、やはりこの本を無視することはできずに先日Amazonでポチった次第です。

もうすでに冒頭の「緊張のオンライン英会話初体験」という著者の生まれて初めてのオンライン英会話レッスンの話にすっかり感情移入してしまいました。あまりにも自分の体験と重なる部分が多かったからなんですね。

「うわー、私の時もこうだった!気持ち悪くなるくらい記憶が蘇ってきたぞー!」というモードにスイッチが入ったので、私も自分の時の「オンライン英会話初体験」を書いてみたいと思います。

私の初めてのオンライン英会話初体験とは

私がオンライン英会話を始めたのは今から10年くらい前。TOEICスコアが630あたりの頃だったと思います。それまでTOEICの勉強一筋でスピーキングの練習はゼロでした。それでも、覚えた英単語も増えてきたし洋書も読むようになってきてたので「英会話もそれなりにイケるんじゃないか」って思ってましたね。(バカ)まだ本当の悲劇を知らない前です。笑

マジで生まれて初めてのオンライン英会話初体験!

当初「楽勝じゃね?」くらいの根拠のない自信に満ちていた私でしたが、いざスカイプを立ち上げて先生からコールがくるのを待っていたら、どんどん恐怖心が襲ってきました。

スカイプで全くの初対面の人と(先生のことですがw)しかも英語で会話をする!もう心臓バクバク、吐く寸前です。(私は極度の緊張に見舞われるといつも吐き気をもよおします)

言いたいことが全く言えない!完全にフリーズ!

幸いなことに吐くに至る前にレッスンが始まったのですが、本当に、文字通り、頭の中が”まっしろ”でしたね。本当に何をどう話したのか覚えてないです。

ただ、なぜか(忘れたくても)鮮明に覚えていることが一つだけあります。

それは「行ってみたい国はある?」みたいなことを聞かれて、「チャイナ」と答えたんですよ。この時も今現在でも私の行ってみたい国は常に「アメリカ(ニューヨーク)」なのですが、なぜかこの時まっ白な頭から出てきた国は「チャイナ」だったのです。それで先生は「なぜチャイナ?」みたいに当然話を広げようとしてくれるわけです。でもそもそもチャイナなんて行きたいなんて思ったことは一度もないので、1文字いや1アルファベットも頭から出てこずに、そこで完全にフリーズ。もうこれ以上の記憶が一切ありません。。

今冷静に考えれば、「あ、ごめんごめん、チャイナじゃなかった!アメリカ、ニューヨークだよ!」って言い直せば済むことだったのにと思うのですが、そんな余裕がないほどパニくってたんですよね。

初めてのオンライン英会話はひどければひどいほどいい!

オンライン英会話が全く初めてで、しかも何年も英語から遠ざかっていた方にとっては、第一回目のレッスンは恐怖だと思います。そしてほぼ100%、思っていたより話せない自分に失望というか、失神するかもしれないです。

でもそれは私もそうだったように、めっちゃ「普通」なので安心してください。別にあなたが英語に向いてないとか、才能がないとか、そういうことではないので。帰国子女が久しぶりに英語話してみるかーじゃない限り、私たち普通の日本人だったらめちゃくちゃフツーです。

むしろオンライン英会話の初体験が悪ければ悪いほど、次のハードルが低くなるので楽じゃないですか?これからオンライン英会話を頑張る気なら、それ以上に悪くなることの方が考えにくいですよ^^

私もこの「チャイナ事件」を超えるほどのひどいレッスンはその後なかったですw 本当に少しずつですが、単語レベルがフルセンテンスになり、質問を聞き返せるようになり。。とだんだんと「英会話」と呼べるレベルまで話せるようになりました。そして今、ペラペラレベルを目指して毎日練習中です。

まとめ

残酷な言い方ですが、自分に絶望したくなる経験は絶対避けて通れません。でもそんな”絶望的レベル”は最初の数回です。そこを通り抜けると、ちょっとずつですが、「あれ?わたし、英語を話せるようになってきてない?」って思う感覚が増えてきます。最初は怖い。それはみんな同じです。でも「1歩」踏み出すことで人生が大きく変わりますよ。今回の私の体験記を読んで、ほんの少しでもその「1歩」を踏み出せるきっかけになってもらえたら幸いです!